確定拠出年金って知っていますか?

・企業型確定拠出年金(企業型DC)
個人型確定拠出年金(iDeCoイデコ)

があります。

お勤めの会社で企業型確定拠出年金(企業型DC)を取り扱っていて、加入できる場合はそちらへ加入。

そうでない方は、個人型確定拠出年金(iDeCoイデコ)へ加入となります。


確定拠出年金とは

日本の年金制度は三階建てと呼ばれています。

IMG_3624

一階部分:国民年金。
二階部分:サラリーマンが加入する「厚生年金」。自営業者が加入する「国民年金基金」。
三階部分:企業が独自に運営する「企業年金制度」。

この年金制度に加えて、個人として積み立てをおこなう「確定拠出年金」があります。

毎月一定の掛け金を拠出して、将来(60歳)一時金あるいは年金として受け取る制度です。

国民年金や、厚生年金へ加入している方が追加で加入することで、
より多くの年金がもらうようになるシステムです。

専業主婦も加入できます。

確定拠出年金は、
銀行や証券会社でサービスをおこなっています。
利用できるのは1社のみです。
そこへ申し込む形となります。


毎月一定額の掛け金を拠出=積み立てをおこないますが、
そのお金の運用先は自分で決めなければなりません。

運用先は
・定期預金
・投資信託(国内債券、海外債券、国内株式、海外株式、REIT)
などです。

運用の組み合わせは自分で決めます。

一点張りか複数組み合わせるかは自由です。

最初に決めておけば、放置しても、年1回とかの
見直しでもOKです。

ただし、年金ですので60歳まで引き出せません。
老後(60歳以降)に
一時金あるいは年金として受け取るのか選択が必要です。


メリットとは

一番のメリットは税制優遇です。
1.掛け金は、全額所得控除の対象となり、所得税と住民税が軽減。
2.運用で得た利益は、全額非課税。(通常は利益の20%が課税されます)
3.積み立てた年金は、60歳以降に受け取り可能であるが、
  一時金であれば「退職所得控除」
  年金であれば「公的年金控除」が受けられる。


年齢:30歳会社員
年収(課税所得):600万円
毎月の掛け金:1万円(年間12万円)
の場合は、

年間控除額:2万4千円が返ってきます。

節税と運用利率のシミュレーションはこちら
楽天証券の節税シミュレーション


60歳以降に受け取る資産として運用しても良い場合は、
まずはこの「確定拠出年金」を選択しましょう。



どこのサービスを選ぶのか

まず、お勤めの会社で企業型確定拠出年金(企業型DC)を取り扱っていて、加入できる場合はそちらを選びましょう。

確定拠出年金は、加入時や毎月の手数料が必要です。
企業型では企業側がこの手数料をすべて払います。
なので、個人型よりもお得です。


個人型のiDeCoを加入する場合は、
手数料が安い楽天証券がおすすめです。

<加入時>
・国民年金基金連合会:2777円(どこの金融機関でも同じ)
・加入する金融機関:無料~約1000円(楽天証券は無料)

<毎月>
・国民年金基金連合会:103円(どこの金融機関でも同じ)
・信託銀行に:64円(どこの金融機関でも同じ)
・運営管理費用:0円~約500円(楽天証券は無料)

となっています。

iDecoに加入するときは、楽天証券へ。

「楽天証券で口座を開設する」





にほんブログ村 車ブログ マツダへ