通勤、通学でくるまを運転する機会が多いかたへ。
雨天時に事故を防ぐポイントをご紹介いたします。

雨の降り始めに注意しましょう。
降り始めの雨と路面にあるほこりや泥が混ざりあい、
浮き上がってとくに滑りやすい状態です。

いつもより車間距離を多くとりましょう。
雨の日は制動距離が長くなります。
また、視界も悪くなり、前方の異常に気づくのが遅れてしまいます。

速度を控えましょう。
車間距離を多くとることと理由は同じです。
制動距離が長くなり、
雨で視界が悪くなります。

ヘッドライトは早めに点灯しましょう。
歩行者も視界が悪くなります。
傘が視界を邪魔します。
歩行者にこちらの存在を早く知らせましょう。
また、対向車や後続者にも自分の存在を知らせるのに効果的です。
強い雨の場合は昼間でも点灯しましょう。

高速道路ではハイドロプレーニング現象に注意しましょう。
水のたまった道路を走行するときは、
タイヤと道路の間に水の膜ができます。
タイヤが水の上を滑り、
ハンドルやブレーキが利かなくなる現象です。
スピードは控え、水たまりはなるべく避けましょう。
タイヤの空気圧はこまめにチェックし適正値に。
ハイドロプレーニング現象が起こると、急激ににエンジン回転数が上がります。
急ハンドル、急ブレーキは控え、
タイヤのグリップが回復するのを待ちましょう。

タイヤの溝をチェックしましょう。
タイヤのサイドにスリップサインの位置を示す三角の矢印があります。
残り溝が1.5mmになると出てくるサインです。
スリップサインが出る前にタイヤを交換しましょう。
タイヤ購入の際には、ウェット性能が示されているので参考に。

水滴の対策をしましょう。
視界を良好に保つために、
フロントガラスやサイドミラーに水滴対策グッズを使いましょう。
フロントガラスはワイパーがあり風圧で吹き飛ばされるので撥水タイプに。
サイドミラーやサイドガラスは風があたらないので、
撥水タイプの場合は水滴が残り見えずらい場合があります。
その場合は、水滴が出ない親水タイプにした方が良いです。

また、ワイパーを動かしたときに、フロントガラスにスジが残る場合は、
ワイパーのゴムを交換しましょう。半年~1年ごとの交換が目安となります。

湿度が高いのでガラスの内側が曇りがちになります。
また、汚れが多いとより曇りがちに。
汚れはガラスクリーナーでふき取りましょう。
曇り止めを使うのも。

フロントガラスに温風をあてるデフロスターをONするのもいいですが、
いちばん効果があるのはエアコンをONすることです。
ガラスの内側を拭いて、エアコンをONすれば、まず曇ることはありません。

おすすめ記事はこちら

にほんブログ村 車ブログ マツダへ