子どもの大学で、
地方国立大学と地元私立大学で迷っている方へ。
費用の点でみたらどちらが安いのか調べてみました。
また、国立大の授業料免除申請をご紹介。

というのも、わたしの子どもは、

長男が地方国立 理系(一人暮らし)。
次男が地元私立 理系(親元から通学)。

参考になればと思ったからです。

年間の概算費用としては以下となります。

地方国立(一人暮らし/自転車通学)。
授業料:0~54万円。(申請すれば、親の収入によって全額免除あるいは半額免除となる)
家賃 :48万円(4万円x12ヶ月)。
食費 :36万円(3万円x12ヶ月)。
光熱費:12万円(1万円x12ヶ月)。
帰省費用:10万円。
インターネット:6万円(5千円x12ヶ月)。
トータル:112万円~166万円。


地元私立(親と同居/電車通学)
授業料:130万円 (理系なので、文系よりも高い)。
通学費用:12万円。
トータル:142万円。


うちの場合は、
長男の国立大は授業料が半額免除になりましたので、
地元私立とほぼ同額となります。


授業料免除とは
そうなんです、
国立大学は、申請すれば、
授業料が免除になる場合があります。

親(世帯)の収入と家族の状況よって、
半額免除あるいは全額免除となる場合があるんです。
また、そこまで、ハードルは高くないと思います。

ここで計算をしてみましょう。

基準額とは
全額免除の基準額は:4人世帯で 175万円。
半額免除の基準額は:4人世帯で 334万円。

基準額=収入-控除額 で計算されます。


控除額とは
給与の控除額については、
・収入金額 104万以下   :収入金額と同額。
・収入金額 104~200万円:収入金額×0.2+83万円。
・収入金額 200~653万円:収入金額×0.3+62万円。
・収入金額 653万円超    :258万円。
(注) 給与所得者が二人以上いる場合、この計算は各人別に行います。

申請する大学生本人の控除額は、
控除額:自宅   :28万円
    自宅外:72万円

兄弟が私立大学に通っている場合の控除額は
控除額:自宅    :101万円
    自宅外:144万円


実際の収入では
4人世帯で、
本人が自宅外通学。
兄弟が私立大学(自宅通学)に通っている場合は、
おおよそ以下の収入で免除となります。

全額免除:585万円未満
半額免除:765万円未満

ただし、申請する大学生が奨学金をもらっている場合は、
世帯の収入として計算されます。

少しの手間で、
年間で最大54万円の免除になり家計が助かるんです。

国立大学の授業料免除の申請をやってみることをお勧めします。

おすすめ記事はこちら

にほんブログ村 車ブログ マツダへ