退職金が銀行口座に振り込まれると、
すぐに銀行から電話があるでしょう。

1000万円以上振り込まれると、
すぐにチェックがはいるといううわさ。

いくつかの金融商品を勧めてきます。
なかでも多いのが、
定期預金の金利優遇と投資信託のセットの商品。

銀行は儲けるために必死です。
金利優遇を強調してきますが投資信託の手数料を忘れてはいけません。
購入して持っているだけで、
年間数%です。

投資信託の手数料分を考えるとそんなに良い話ではないでしょう。
また株の投資信託は元本保証ではありません。
上がればいいですが、下がることもあります。

投資信託がだめだといっているわけではありません。
まとまったお金があれば、投資も必要です。

老後のための大切な退職金です。
株式投資をやってみるのもいいですが、
自信がない方は手数料の安い投資信託を探してみましょう。

投資信託を上場したETFというのも購入できます。
まずは証券会社の口座を開設してみてください。

今までお世話になった銀行の担当者のためというなら
勧められた商品に小額を投資しましょう。

 ETFとは、
Exchange Traded Funds(上場投資信託)。
投資信託を株式市場に上場したもの。

通常の株式と同様に、
リアルタイムで、
同じ手数料で、
証券会社で売買できる。

投資信託は、
販売会社、受託会社、運用会社に、
信託報酬という手数料が必要だが、
ETFはこれらの費用が格段に安くなる。


 投資信託とは、
たくさんの投資家から
あつめたお金を1つにまとめ、
運用のプロが、
さまざまな株式や債券などに投資をして、
その成果が分配される商品。

投資先を分散して、
リスクを下げている。

株式と異なり、
数千円~数万円から取引できる。

販売会社、受託会社、運用会社に、
信託報酬という手数料が必要。

保有している間はずっと、
信託報酬を払わないといけない。

転職エージェントは、転職コンシェルジュの「ワークポート」

にほんブログ村 車ブログ マツダへ